Creative Chef Japan

甘くない練り込みパイ生地(パートブリゼ)
甘くない練り込みパイ生地(パートブリゼ)

甘くない練り込みパイ生地(パートブリゼ)

2018/04/16

甘くない練り込みパイ生地(パートブリゼ)

甘くない練り込みパイ生地(パートブリゼ)

今日は基礎になる生地で、タルトやキッシュ、ピローグなどに使う甘くない練り込みパイ生地の作り方を紹介します。

ご自宅にフードプロセッサーがあれば、練り込みパイ生地は数分でできます。

手ごねで作る場合は、こちらのレシピを参考にしてみてください。

サクサク感のある生地に仕上げるのに、こねすぎに注意してください。

こねすぎると、グルテンが出てきますが、1日冷蔵庫で休ませたら焼けます。

また、加える水の分量は、生地の様子を見て、かたければ増やし、ゆるければ少なめにするなど加減してください。

フードプロセッサーで作る練り込みパイ生地

フードプロセッサーで作る練り込みパイ生地

フードプロセッサーで作る練り込みパイ生地

フードプロセッサーで作る練り込みパイ生地

練り込みパイ生地 甘くないタイプ

フードプロセッサーで作る練り込みパイ生地 甘くないタイプ

レシピ詳細

分量

約380〜390g

下準備・調理時間

5分

材料

薄力粉・・・200g
無塩バター・・・100g
塩・・・3g
卵・・・50g (約1個分)
水・・・5g

作り方/説明

下準備。無塩バターを1cmの角切りにして、冷凍庫などで冷やしておく。薄力粉と塩を合わせて、ふるう(冷やしてもいい)。卵と水を混ぜ合わせる。

薄力粉と塩が入ったボールに冷やしたバターを入れて、スケッパーなどを使って切るように混ぜ合わせる。

生地の様子を確かめながら、卵と水を加える。生地を混ぜながらまとめていく。

生地がまとまってきたら、台の上に出し、折りたたむように混ぜる。

四角くまとめて、ラップに包み、冷蔵庫で最低30分休ませる(オススメは一晩)。

ノート

生地のサクサク感のある生地に仕上げるためには、こねすぎに注意。
甘くない練り込みパイ生地(パートブリゼ) 甘くない練り込みパイ生地(パートブリゼ) 調理時間 基本のレシピ Russian 薄力粉・・・200g 無塩バター・・・100g 塩・・・3g 卵・・・50g (約1個分) 水・・・5g