Creative Chef Japan

シベリア風水餃子 ペリメニのレシピ
シベリア風水餃子 ペリメニのレシピ

シベリア風水餃子 ペリメニのレシピ

2018/04/17

シベリア風水餃子 ペリメニのレシピ

シベリア風水餃子 ペリメニのレシピ

シベリア風水餃子 ペリメニのレシピ

今回は定番のロシア風餃子、シベリア風水餃子のレシピを紹介させていただきます。

ロシア風餃子、ペリメニ、シベリアの郷土料理でモンゴルのブリヤード族から伝わったそうです。

ペリメニとは、小麦粉、塩、卵、水とサラダ油で作った生地の皮で帽子型に具を包むのが特徴です。

ロシア風餃子の具のバリエーションは様々で、豚肉・牛肉、鶏肉の合挽き肉やエビ・魚肉などです。

このレシピは基本のレシピで、ロシア料理のレストランに行くと、必ずシベリア風ペリメニが出ます。

扱いやすい生地の分量とジューシーに仕上げるために具の作り方のポイントを是非参考にしてみてください

ロシア風水餃子、ペリメニに乳製品のサワークリームを添えるのが特徴です。他にも、挽きたての黒胡椒やお酢、刻んだディールやイタリアン・パセリをのせて食べてみるのがいかがですか?

モスクワ風水餃子 ペリメニのレシピ

シベリア風水餃子 ペリメニのレシピ

レシピ詳細

分量

53-55個

下準備・調理時間

60分

材料

生地:
小麦粉(強力粉+薄力粉)・・・200g
塩・・・4g
卵・・・20g
水・・・80g
サラダ油・・・大さじ1
具:
合挽き肉(牛と豚肉)・・・250g
玉ねぎ・・・125g
塩・・・4g
黒胡椒・・・1g
ナツメグ・・・少々
ゆで湯:
水・・・2L
塩・・・大さじ1
ローリエ・・・1枚
黒粒コショウ・・・3-5個
ホールのオール・スパイス・・・3-5個
仕上げ:
無塩バター・・・20g
黒胡椒・・・適量
刻んだハープ(イタリアン・パセリ/ディール)・・・適量
サワークリーム・・・適量

作り方/説明

生地を作る。ボールの中に振るった粉を入れ、中央にくぼみを作り、塩、卵、水、サラダ油を入れ、材料を混ぜ合わせる。

生地がまとまってきたら、台の上に出し、滑らかになるまで10分位捏ねる。

生地をボールの中に戻し、乾燥しないようにラップをかけ、室温で30分位休ませる。

具を作る。玉ねぎをフード・プロセッサーなどでピューレ状にすりおろす。ボールの中に合挽き肉、塩、胡椒、ナツメグを加えてよく練る。玉ねぎを加え、混ぜ合わせて、冷やす。

ペリメニの整形をする。台に打ち粉をして休ませた生地を2mm程度に伸ばし、6cmの丸いセールクルで生地をくり抜く。7gの具を生地にのせて、縁をしっかり閉じて半月形にして、両端をつけて帽子型にする。

木の板に打ち粉をまぶし、5のペリメニを並べ、冷凍庫で冷やし固める。

ペリメニを茹でる。水の中にスパイスを入れ、沸騰させる。冷凍ペリメニを加え、ペリメニが浮き上がってから5-6分位茹でる。お湯をきって、バターで和える。ハーブを飾り、サワークリームを添える。

ノート

※ すりおろした玉ねぎを合挽き肉と混ぜ合わせる時、肉の色が変色するが、心配はありません。玉ねぎのタンパク質分解酵素によるものです。ペリメニの具を冷蔵庫で冷やしておくとより包みやすくなります。
※ ペリメニの生地を30分以上室温で休ませないこと。急用ができましたら、生地をラップに包んで冷蔵庫/冷凍庫で保管してください。
シベリア風水餃子 ペリメニのレシピ シベリア風水餃子 ペリメニのレシピ 調理時間 ロシア料理レシピ Russian 生地: 小麦粉(強力粉+薄力粉)・・・200g 塩・・・4g 卵・・・20g 水・・・80g サラダ油・・・大さじ1 具: 合挽き肉(牛と豚肉)・・・250g 玉ねぎ・・・125g 塩・・・4g 黒胡椒・・・1g ナツメグ・・・少々 ゆで湯: 水・・・2L 塩・・・大さじ1 ローリエ・・・1枚 黒粒コショウ・・・3-5個 ホールのオール・スパイス・・・3-5個 仕上げ: 無塩バター・・・20g 黒胡椒・・・適量 刻んだハープ(イタリアン・パセリ/ディール)・・・適量 サワークリーム・・・適量