Creative Chef Japan

ミモザ風おにぎりプチ
ミモザ風おにぎりプチ

ミモザ風おにぎりプチ

2018/04/17

ミモザ風おにぎりプチ

ミモザ風おにぎりプチ

ミモザ風おにぎりプチ

ロシア風おにぎりはいかがですか?

今回はミモザの花のように見えるロシアを始め海外で人気なミモザサラダをおにぎりに!

普段は茹でじゃがいもをすりつぶして使うのが一般的な作り方なのですが、へるしごはんを炊いて酢飯にしたおにぎりを作ってみました。

やはりおいしいですね。

しかもへるしごはんですので、食物繊維がたっぷり入っていて、低糖質、低カロリーのヘルシーなおにぎりなのです。

是非、和と洋の食文化が味わえるおにぎりを作ってみてください。

レシピ詳細

分量

1人前

下準備・調理時間

20分

材料

酢飯・・・20g
ツナの缶詰・・・10g
マヨネーズ・・・2g
塩・・・0.5g
黒胡椒・・・少々
すりおろした人参(茹でてあるもの)・・・5g
卵の白身(茹でて、すりおろしたもの)・・・5g
卵の黄身(茹でて、すりおろしたもの)・・・5g
飾り用:・・・(好みで)
ディルの葉っぱ・・・1枚

作り方/説明

½の人参(約75g)を洗って、皮付きで水から火が入るまで塩茹でする(約30分)。氷水で急冷してから包丁で皮の横剥きをする。人参を細かいグレーターですりおろす(約50gができる)。

固ゆで卵を作る。鍋の中に卵(Mサイズ)、水(かぶる位)、塩(ひとつまみ)と酢(小さじ1)を入れて、沸騰させてから弱火で13分茹でる。氷水で急冷する。殻を剥き、白身(約30g)と黄身(約20g)に分けておく。それぞれグレーター(3つの中で中サイズの目)を使用してすりおろす。

ツナマヨを作る。ツナの油を切り、フォークなどでほぐす。ボールでツナ、マヨネーズ、塩、黒胡椒を混ぜ合わせる。

おにぎりプチの組み立て。4センチのセールクルを使用して、酢飯、ツナマヨ、人参、卵の白身という順で(スプーンなどで)セールクの中で具材を軽く押し付けながら組み立てる。セールクルを外してから卵の黄身をふんわりとのせる。好みで緑のハーブをのせる(ディルなど)。

ノート

一人前のミモザ風おにぎりプチ 84.4kcal/糖質5.3g
ミモザ風おにぎりプチ ミモザ風おにぎりプチ 調理時間 ロシア料理レシピ Russian 酢飯・・・20g ツナの缶詰・・・10g マヨネーズ・・・2g 塩・・・0.5g 黒胡椒・・・少々 すりおろした人参(茹でてあるもの)・・・5g 卵の白身(茹でて、すりおろしたもの)・・・5g 卵の黄身(茹でて、すりおろしたもの)・・・5g 飾り用:・・・(好みで) ディルの葉っぱ・・・1枚